cropped-e65e9bdff670808045691425f2a67f6f_m.jpg

手紙がもたらすコミュニケーションとは

携帯電話のメールやスマートフォンのLINEなどによる伝達手段が一般的となっている昨今では、温かな思いを伝えるコミュニケーションの手段として手紙によるやり取りが見直されようとしています。

元来より日本人の文化は言語だけを使ってコミュニケーションを取ってきたので、コミュニケーションの手段として手紙という文化ができたときには、またたく間に人々のあいだで広まった文化でした。
明治時代に入ってから近代的な郵便制度が設立されて、一般的な庶民の間でもコミュニケーションの手段として手紙によって情報交換をするようになりました。

時が経つにつれて手紙による情報交換の方法が、個人同士のコミュニケーションの手段へと変化していって、情報のやり取りとしてのツールだけでなく、暑中見舞いや年賀状などの挨拶状としての役割を果たすようになっていき、手紙やハガキを使う需要が高まったと言えます。

現代では情報を伝達する手段として近代的なコミュニケーションツールが数多く登場することとなり、それらのツールの中には同じような役割を果たせるものも多く、より便利なものも登場しています。
しかしながら、手紙というコミュニケーションの手段は消えずに残っていくものと考えられ、現代においても様々な役割を果たしていると言えます。

年賀状などのハガキなどによるコミュニケーションは、相手に想いを伝える機能だけでなく、社会の一員として信頼性や相手とのつながりを感じるものとして独特の役割をつなぐ力があると言って良いでしょう。

IT化が進んでいる現代では、情報は世界中に一瞬にして伝えることが可能となっていて、世の中そのものが時代の変化に対応するように変化していっています。

手紙とは本来は個人間のコミュニケーションのツールとして、手から手へと渡していく紙という表現もできると言えますが、年賀状などのハガキを他者から受け取ることによって、その個人間に生まれる情報を共有するという感情や、相手との心の距離感を知ることが可能になって送り手に対して親近感を得ることができます。

手間や時間をかけて送り手が受け手に対して手紙を書くことによって、他のコミュニケーションの手段とは違った良さというものを感じることができますし、自分宛ての過去の手紙を読み返すことができるので、記憶をよみがえらせるツールとしての役割も果たしています。

日本人は国民性として、他者との間の心の密着を重要視していると言えますので、便利さにおいては劣っていると言って良いツールである手紙も、心の交流を行っていくコミュニケーションの手段として今後も親しまれている情報伝達手段になっていくと言えるでしょう。

Interest Web Site

金沢市の写真館カクタスで結婚式・ウェディングの前撮り
ロケーション前撮り撮影に対応する写真館です

東京の会社設立が即日格安で補助金対応って本当ですか?
ベンチャーサポートなら会社設立5000社の圧倒的実績!

楽に売りたい貴方におすすめ!オークション代行
ハピネスネットなら全部お任せできてしまいます

かわいいキャラクターものおむつケーキのギフト
出産のお祝いに最適です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です