良さがはっきりとわかった

現代において、コミュニケーションの手段は様々あります。メールや電話は、携帯端末から気軽に出来るものですので、普段の生活には欠かせないものになっています。便利なものを使えるのが当たり前という世の中ですが、いつでもだれとでも一瞬で繋がることのできる良さもあれば、一方で常に連絡を取らなければならなくなってしまう状況は少し窮屈でもあるようです。
先日、長年の付き合いの友人から手紙を受け取りました。しばらく直筆のメッセージというものを受け取っていなかった私にとっては、嬉しい便りでした。彼は長年患っており、辛い日々が続いていたのですが、その病状が快方に向かい、不自由なく暮らしているという内容の文章は、じつに生き生きとした文字で綴られており、彼の生命力をその筆跡からはっきり感じることが出来ました。手紙は、コミュニケーションの手段としてはかなり優秀です。個性あふれる手書きの文字は様々なことを伝えられます。手紙の良さを再確認した出来事です。

より自分が考えると

最近は電子メールが広く普及したことで、手紙を用いるということは少なくなってきてしまいました。
しかし、手紙というのはコミュニケーションの手段として非常に優秀であり、簡単に相手に電子メールを送ることができる時代だからこそ価値のある面も出てきたのです。

電子メールというのは相手に届くスピードが非常に速いだけに、後から訂正をすることも容易であるため、あまり文章を考えることなく送るということができてしまいます。
そのため、自分の考えをまとまりきらないうちに相手にメールを送ってしまうということが、少なくありません。
しかし、手紙の場合は相手に届くまでに電子メールなどから比較すると、はるかに時間がかかるため途中で訂正をするということができません。
そのため、手紙を贈る際にはしっかりと文章の内容を自分なりに考える習慣が付き、レベルの高い中身の文章を送ることができるのです。
このように手紙というのは届くのに時間がかかるからこそ、相手のことを思いやるコミュニケーションの手段として優秀なものになっているのです。

デジタルでは伝わらないものも

コミュニケーションの手段は、メールなどデジタル化されています。
メールはいつでも送信することができるので、非常に利便性の高いコミュニケーションの手段です。
しかし、文字だけを打つデジタルのメールには、伝わらないものもあります。
その伝わらないものとは、送った人の気持ちです。
メールは、同じ文面なら誰が打っても同じです。
しかし手紙は、欠いた人によって字が違います。
また、その人の癖が出る字だけではなく、書いた人が書いたときに思っていた感情も込めることができます。
デジタルのメールには、感情を乗せて相手に届けることはできません。
送られた相手は文字だけを読んで、相手の感情が見えずに誤解してしまうこともあるでしょう。
しかし手紙なら、相手の感情を文字から伝えることができます。
ここが感情が伝わらないメールなどのコミュニケーションの手段とは、大きく違うと言っても良いでしょう。
コミュニケーションの手段は、感情を伝えられることも大切です。