より自分が考えると

最近は電子メールが広く普及したことで、手紙を用いるということは少なくなってきてしまいました。
しかし、手紙というのはコミュニケーションの手段として非常に優秀であり、簡単に相手に電子メールを送ることができる時代だからこそ価値のある面も出てきたのです。

電子メールというのは相手に届くスピードが非常に速いだけに、後から訂正をすることも容易であるため、あまり文章を考えることなく送るということができてしまいます。
そのため、自分の考えをまとまりきらないうちに相手にメールを送ってしまうということが、少なくありません。
しかし、手紙の場合は相手に届くまでに電子メールなどから比較すると、はるかに時間がかかるため途中で訂正をするということができません。
そのため、手紙を贈る際にはしっかりと文章の内容を自分なりに考える習慣が付き、レベルの高い中身の文章を送ることができるのです。
このように手紙というのは届くのに時間がかかるからこそ、相手のことを思いやるコミュニケーションの手段として優秀なものになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です