自宅でゆっくりと書ける時間

携帯電話やパソコンでのメールが主流になった昨今、手紙がもたらすコミュニケーションとはどのようなものが考えられるでしょうか。まず、筆記用具を使って書くということに意味があります。パソコンで打ち込んだ文字はきれいに整列し、くせもなく読みやすいのですが、個性もなく大変味気無いものです。年賀状などの多くの人に送るものに至っては、自分に向けて書いたものでは無く、大勢に向けて書かれていると一目でわかるものが多くあるのが現状です。そんな年賀状の、大部分が印刷であっても手書きで一言添えてあるとなんだか嬉しい、そんな経験はありませんか。手紙がもたらすコミュニケーションとは、まさに手書き文字を一対一で相手に向けて書く、その事から始まるのでは無いかと思います。
また、インターネットの普及により自宅に居ながら遠くに住む親戚や友人、海外にいる人ともコミュニケーションをとれるようになりました。これは便利になった反面、忙しなくなったと感じる人も多いでしょう。手紙がもたらすコミュニケーションとは、ゆっくりと流れる時間が重要なポイントとなります。便利なものに囲まれて忙しなく生きる現代人は、自宅でゆっくりと過ごす時間はもったいない、何かしなければ、と罪悪感を感じて何かに追われるように過ごしている人も多いようです。そのような忙しない中で打ち込むメールは、おそらく要点だけが書きこまれている、相手の様子を気遣うでもなく、こちらの近況を知らせるでもない、ただの文字のやりとりです。これはコミュニケーションといえるのでしょうか。コミュニケーションとは、ただの情報のやり取りでは無く、そこに感情や思考も盛り込まれていなければ成立しないはずです。手紙がもたらすコミュニケーションとは、手紙を手書きで書くことにより、相手の事を考え思いやる時間が増える、自分の近況や心境を見つめる事ができる、そんなゆっくりとした落ち着いた時間から育まれていく、そんな便利さだけでは測れないものではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です