デジタルツールにはないもの

メールでのやり取りが発達した現在、手紙がもたらすコミュニケーションとは、デジタルツールにはないものがあります。この直筆の手紙がもたらすコミュニケーションとは、デジタルツールが一般化した社会で、より手間の必要となる交流手段ですが、メールでの簡単なコミュニケーションには無い、独自の趣があるものなのです。
この手紙がもたらすコミュニケーションとは、手書きのメッセージにより、個々の感情をより適切に伝えることができ、受け取った方にも感謝されるものとなります。また、この手紙がもたらすコミュニケーションとは、直筆により温かみを感じることができるもので、メールが発達した現在では、より特別な伝達手段となっているのです。
直筆の手紙を書くことで、より相手に個々の思いを深く伝える事が出来るようになります。これは手紙を書くという作業が、個々の心情を整理する必要がある為で、直筆での手紙の作成には文字により個々の心情を相手にわかりやすく伝える事が必要になる作業なので、心情を見つめなおす機会にもなるのです。この手紙を書くという行為は、メールにはない難しさがあり、文字だけではなく、文章のバランスや書体などの選別も含め、さまざまな要素が要求される作業なのです。そのため、より深い意思疎通を目的にした際には最適な交流手段となり、ラブレターなどではメールよりも的確に相手に感情を伝える事が出来るようになります。
また、手紙で気持ちを伝える場合には、便箋などにも工夫を凝らすことができ、手紙をもらった相手に配慮し、デザインや色を変える事で、より心のこもったものとなります。
また、手紙に書く内容は、事前に構想を練る時間を割く事が多いために、メールなどよりも構成などに配慮しやすく、個々の伝えたい内容だけではなく、相手の気持ちや、共通の話題など、様々な点に配慮することができます。この手紙のバランスが関連し、伝えたい感情を、より的確に伝える事が出来るようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です