手書きという格別感

近年はインターネットや携帯電話が普及することによって、直接字を書くという機会が少なくなってきました。
手紙のように相手の元に時間がかかるものよりも、瞬時に相手に伝えることができる電子メールなどの方が利便性という面では上になったため多くの人がこのような電子メールを利用することになり、手紙を書くという人の数は減ってきてしまいました。

しかし、手紙には電子メールにはない点として、手書きという格別感があります。
相手に届く時間がかかったとしても、気持ちを伝えるという面では手紙は非常に優秀なもので、相手とのコミュニケーションツールとして使うことができるのです。

手紙がもたらすコミュニケーションとは無機質なものが多くなった世の中に、人の温かさをかんじさせてくれるものになっています。
また、手紙を書くことが少なくなった今の時代の手紙がもたらすコミュニケーションとは古いものではなく、むしろ新鮮さを感じさせてくれるものにもなっているのです。
更にお互いに手書きでのやり取りをすることによって、実際に紙の前で文章を考えるという普段使わない想像力を働かせることになるため、手紙がもたらすコミュニケーションとは相手だけでなく自らの思考にも影響を与えるものなのです。
ネット環境の発達によって文章でコミュニケーションをとる機会というのは増えてきましたが、今一度アナログな環境に戻って視点を変えてみるというのも非常に効果的です。
手紙がもたらすコミュニケーションとはそのような普段、考えもしなかったようなことを考えるきっかけを与えてくれるものでもあるだけに、これだけあらゆる通信手段が発達した今の時代だからこそ価値があるものになっているのです。
どれだけ、世の中が便利になり人とのつながりが楽になったとしても、手紙という文化は消えることがなく、気持ちを伝える手段としてはこれから先も重要なものとして残り続けて行くだけに、手書きの格別感と言うのは非常に高いものになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です